長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

NICT、見通し外ドローン制御技術の成功により新たな飛行可能エリアを開拓

NICT(国立研究開発法人情報通信研究機構)が、

見通し外飛行するドローンを安全に制御する技術の実証実験に成功しました。

この技術は、

障害物によって電波が届かない状況下でドローンを操作するために、

中継用ドローンを活用し、

169MHz帯電波で通信を確立するものです。

山中の砂防堰堤の点検を模擬した飛行経路で、

見通し外かつ携帯電話圏外でのドローン操作に成功し、

設備点検、捜索、災害調査など

幅広い用途でのドローン活用が期待されます。

この実験により、

中継用ドローンを介して、

見通し外のエリアでドローンを安全に制御し、

監視できることが実証されました。

これは、

山中や通信が届かない場所でのドローン活用が可能となり、

新たな可能性を開く重要な技術と言えます。

今後は、信頼性向上と長距離での実用化を目指し、

ドローンの飛行運用の普及に寄与していく予定です。

この成果は、

国土交通省東北地方整備局新庄河川事務所と

株式会社建設技術研究所との協力によって達成されました。

 

参考記事

https://www.drone.jp/news/2024012515133880426.html

画像(www.drone.jp)

https://www.drone.jp/news/2024012515133880426.html