長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

NASAの火星ドローン「インジェニュイティ」、ローターブレード損傷により歴史的ミッション終了

https://youtu.be/hW5akI5Rnyg

NASAの火星探査ドローン「インジェニュイティ」は、

予想外の展開となりました。

この火星ミッションで活躍してきたドローンは、

火星での飛行中にローターブレードの損傷が発生し、

その3年間にわたる歴史的なミッションが突然終了しました。

ミッションの結果、

NASAは太陽系内での未来の探査と、

特に火星への新たな可能性について再考することとなります。

 

「インジェニュイティ」は、

最初は技術デモンストレーションとして設計され、

30日間で最大5回の実験飛行を行う予定でした。

しかし、

火星の地表での活動は予想を遥かに超え、

72回もの飛行と2時間以上の総飛行時間を記録し、

計画の14倍以上の距離を飛びました。

NASAのビル・ネルソン長官は、

この驚異的な成果に感嘆し、

未来の宇宙探査への新たな道を開く重要な一歩だと語りました。

 

「インジェニュイティ」は2021年に火星に到着し、

その後、

Perseverance探査車のサポート役として科学者と探査車のドライバーに貴重な情報を提供しました。

しかし、

最後の飛行中にローターブレードの損傷が発生し、

ミッションは突然の終了となりました。

現在、

NASAは損傷の原因とドローンの姿勢に関する調査を進行中です。

 

このミッションは多くの挑戦に立ち向かいながら、

その間にさまざまな機能がアップグレードされ、

火星での航空飛行の可能性を探る貴重なデータを提供しました。現在、

ミッションは終了し、

最終テストが行われ、

ドローンに搭載された画像とデータがダウンロードされる予定です。

 

参考記事

https://www.drone.jp/news/2024012622135780536.html

画像(www.drone.jp)

https://www.drone.jp/news/2024012622135780536.html