長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

NASAが火星と地球で革新的なドローン技術をテスト – Ingenuityが新記録樹立

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、

地球と火星の両方で行われた画期的な

ドローンテストの詳細を発表しました。

このテストは、

次世代火星探査ドローンの

性能向上を目指して行われています。

 

南カリフォルニアの

NASAジェット推進研究所で行われたテストでは、

新型のカーボンファイバーローターブレードが

ほぼ超音速(マッハ0.95)での回転に成功しました。

これらのブレードは、

Ingenuity火星ドローンで使われているものより

4インチ(約10センチメートル)長く、

強度も高いと報告されています。

 

一方、

約1億6,100万キロメートル離れた火星上では、

Ingenuity火星ドローンが高度と対気速度の新記録を達成しました。

Ingenuityは、

NASAが火星で実施した初の航空機プロジェクトで、

その技術デモンストレーションとしての成功が、

さらなる飛行テストの道を開きました。

 

Ingenuityプロジェクトのマネージャー、

テディ・ツァネトス氏は

「私たちの次世代火星ドローンのテストは、文字通り両方の世界のベストを尽くしてきました」

と述べ、

地球でのテストと火星での実運用の重要性を強調しました。

 

NASAは今後も、

Ingenuityの飛行データを基にして、

火星探査ドローンの設計と機能をさらに改良していく計画です。

この取り組みは、

将来の火星探査ミッションにおいて、

新たな探査手段としてのドローンの可能性を広げることに

寄与すると期待されています。

 

参考記事

https://www.drone.jp/news/2023112513371776761.html

画像

(www.drone.jp)

https://www.drone.jp/news/2023112513371776761.html