長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

NASA、自動化技術を駆使した複数ドローンの自律・目視外飛行実験に成功 – エアタクシーの未来に光

NASAラングレー研究センターが、

目視外での複数ドローン自律飛行テストに成功し、

エアタクシーの自動飛行化に向けた大きな進歩を遂げました。

この実験では、

ドローンがパイロットなしで離陸、飛行、着陸を完遂し、

障害物や他のドローンを自律的に回避する能力を示しました。

特別な承認を受けたこの試験は、

長年の自動化と安全システム研究の成果を示しています。

 

使用された「ALTA 8 Uncrewed Aircraft Systems」ドローンは、

「NOVO-BVLOS」飛行にて複数回の成功を記録し、

混雑した空域での運用に必要な技術を実証しました。

NASAは、自動飛行エアタクシーの開発に向けてヘリコプターを使用したテストも行い、

自律性の成熟を図っています。

 

NASAのUASオペレーションセンターの専門家が飛行を監視し、

このプロジェクトで開発された新技術は自動車メーカーにも公開される予定です。

NASAのAdvanced Air Mobility (AAM) ミッションの一環として、

特に注目されているのが高密度バーティプレックスプロジェクトで、

将来のビークルが複数のバーティポート間で高頻度に離着陸する技術を試験・評価します。

NASAの最新技術により、

エアタクシーの未来がますます現実的になりつつあります。

 

参考記事

https://www.drone.jp/news/2023122513483678797.html

画像(www.drone.jp)

https://www.drone.jp/news/2023122513483678797.html