長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

KDDIとNTT Com、首都高速道路でドローンを活用した自動点検の成功実証

KDDIとNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、

迅速な点検手法の開発を推進するため、

首都高速道路で初となるドローンポートを使用した自動飛行の実証実験を実施しました。

この実験は、

災害時や緊急な点検時に有効なソリューションを模索するもので、

長大橋3橋を対象に2024年1月25日に行われました。

実証実験では、

自動離着陸と充電が可能なドローンポートを活用し、

橋梁周辺に事前に設置されたドローンが自動飛行し、

リアルタイムの映像を遠隔地で提供しました。

これにより、

橋梁点検の迅速かつ効率的な実施が可能になり、

特に災害時における道路点検の強化が期待されます。

 

首都高速道路は、

大規模災害時に道路点検を迅速に行い、

早期の復旧を支援するため、

これまでにドローンを活用した点検手法の研究を進めてきました。

今回の実証実験では、

特に長大橋の点検に焦点を当て、

ドローンを用いた点検の有効性を確認しました。

 

実証実験の結果、

長大橋における自動点検において、

ドローンポートの有用性が確認されました。ただし、

通信環境が映像品質に影響を与えることも明らかになり、

今後は通信環境の改善にも取り組む予定です。

 

この実証実験は、

点検手法の発展と災害時の迅速な対応強化に向けた重要な一歩であり、

ドローン技術の進化が社会の安全性向上に貢献することが期待されます。

参考記事

https://businessnetwork.jp/article/18636/

画像(businessnetwork.jp)

https://businessnetwork.jp/article/18636/