長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

ISS Aerospaceの革新的なチューブ発射型ドローン、WASP M4-TLが革命をもたらす

ISS Aerospaceが開発したチューブ発射型ドローン、

WASP M4-TLは、

2024年の新たな技術革命を象徴しています。

このコンパクトなドローンは、

持ち運び可能で、

たった3秒で展開できる半自律飛行システムを採用しており、

防衛および安全保障分野において革新的な能力を提供しています。

 

WASPは非常に使い勝手が良く、

誰でも簡単に操作できる設計です。

持ち運びが可能で、

3秒以内に展開できます。

また、運用時には遠隔操作も可能であり、

幅広い状況に対応できるため、

ユーザーフレンドリーです。

さらに、最初のロケット発射後には、

通常のマルチローター飛行モードに切り替えることができ、

再利用が可能です。

つまり、WASPは長期間保管しておいても、

必要な時に即座に運用できる優れた特徴を持っています。

 

この革新的なドローンは、

高性能ジンバル搭載のレンジファインダー付きEO/IRカメラと、

最大1.5kgのモジュール式ペイロードシステムを搭載しています。

最大24kmまでペイロードを正確に運搬できる能力を持ち、

重要なミッションにおいて優れた性能を発揮します。

リアルタイムの画像共有と制御オプションのハンドオーバーにより、

迅速な意思決定をサポートします。

また、

強力なオンボード・コンピューティングとオープンシステムアーキテクチャは、

多種多様なペイロードの統合と相互運用性を可能にします。

 

WASPはスウォーミング(群れを作って協力する能力)も備えており、

多くの運用用途に適しています。

状況認識、脅威評価、C-SUAS(対無人機システム)、戦力保護、緊急医療提供など、

幅広い分野での活用が期待されています。

ISS Aerospaceは特許を保有し、

顧客の要求に合わせてシステムをカスタマイズできます。

また、英国のISSOSテクノロジーズ社による防衛・安全保障用途のライセンスに基づいて提供されます。

参考記事

https://www.drone.jp/news/2024020518424481088.html

画像(www.drone.jp)

https://www.drone.jp/news/2024020518424481088.html