長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

FPVドローンの新たな魅力を発見 – 田路昌也が白川郷と能登での空撮ツアーを体験

ドローン愛好家の間で注目を集めている小型FPVドローンに関する最新情報が、

田路昌也の中国・香港ドローン便りから提供されました。

白川郷や能登での空撮ツアーを通じて、

FPVドローンの新しい魅力が明らかになりました。

 

田路昌也は、

白川郷合掌造り空撮ツアーや四国高松、

石川能登、兵庫姫路のドローンツアーに参加。

これまでDJI Mavicシリーズなどのカメラドローンを使用していた彼は、

小型FPVドローンの機敏な飛行と操縦の楽しさに新たな魅力を見出しました。

特に、能登のコスモアイル羽咋での撮影は、

従来のドローンでは不可能なダイナミックな映像体験を提供しました。

 

日本のFPVドローンパイロットの多くは、

航空法の規制外である100g未満のドローンを使用しています。

また、5インチのレース・フリースタイルドローンを飛ばす人たちも、

規制外の100g未満の機体を使用していることが多いです。

FPVドローンは5.8GHzで画像転送を行うため、

アマチュア無線の免許が必要であり、無線局の開局申請が必要です。

 

小型FPVドローンは、

室内レース機、CineWhoop、レース・フリースタイルの三種類に分類されます。

これらのドローンパーツは、

国内外の通販サイトや実店舗で入手可能です。

特に、コザックさんのショップでは、小型FPVドローン関連の商品を幅広く取り扱っています。

この体験を通じて、

田路昌也はFPVドローンの世界への一歩を踏み出すきっかけを得ました。

彼の体験が、FPVドローンの魅力と可能性を広く伝えることに貢献しています。

 

参考記事

https://www.drone.jp/column/2023121217562777821.html

画像(www.drone.jp)

https://www.drone.jp/column/2023121217562777821.html