長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

F1カーを超える速度!レッドブルが開発した世界最速ドローンがF1撮影のゲームを変える

エナジードリンク大手のレッドブルが、

F1カーを撮影するために開発した、

驚異的な速度を誇るドローン「レッドブル・ドローン1」が話題を集めています。

このドローンは、

わずか4秒で時速300kmに達し、

最高速度では時速350kmまで加速することが可能です。

これにより、

F1の迫力あるシーンを新たな角度から捉えることができ、

F1観戦の未来に革命をもたらすかもしれません。

 

高速スポーツ撮影の新時代

従来のドローンでは最高時速150km〜180kmが限界でしたが、

「レッドブル・ドローン1」はその倍以上の速さで飛行することができます。

この技術的進歩は、

高速で動くオブジェクトの撮影に新たな可能性を開きます。

イングランドのシルバーストン・サーキットで行われたテストでは、

マックス・フェルスタッペン選手が操るF1カー「RB20」を追いかける様子が、

まるでゲーム画面のような迫力ある映像で捉えられました。

 

開発の裏側

レッドブルの先端技術研究所の支援を受け、

空力や材料の見直しを経て誕生した「レッドブル・ドローン1」は、

ボディーを短く軽くすることで性能を大幅に向上させました。

試作段階では時速310kmを記録し、

F1カーよりも先にゴールする速さを実現。

しかし、時速300kmでコースを外れるなどの挑戦もありました。

これらの経験を経て、

完成したドローンは雨天でも撮影を成功させるなど、

高速撮影の新たなスタンダードを確立しました。

 

操縦技術の要求

時速300kmで飛行するドローンを操縦するには、

高い動体視力と繊細な操作が求められます。

スピードを愛する人々にとって、

このドローンは危険を伴わずに高速操作のスリルを味わえる、

まさに天職と言えるでしょう。

 

まとめ

レッドブルが開発した「レッドブル・ドローン1」は、

F1撮影をはじめとする高速スポーツ撮影に革命をもたらす可能性を秘めています。

その驚異的な速度と操縦技術の要求は、

今後のスポーツ撮影の世界に新たな風を吹き込むことでしょう。

F1ファンはもちろん、

テクノロジーとスピードを愛するすべての人々にとって、

注目の技術進歩です。

 

 

参考記事

https://www.gizmodo.jp/2024/03/350kph-drone.html

画像(www.gizmodo.jp)

https://www.gizmodo.jp/2024/03/350kph-drone.html