長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

EVENT 38社のヘビーVTOL固定翼「E455」:空中監視とペイロード配送の新時代

EVENT 38社のヘビーVTOL固定翼「E455」は、

空中監視とペイロード配送の分野に革命をもたらす完全自律型のドローンです。

この垂直離着陸が可能な固定翼ドローンは、

最大7kg(15ポンド)のペイロードを運ぶことができ、

高解像度EO/IRセンサー、ハイパースペクトルカメラ、

LiDARスキャナーなどの先進装備を搭載しています。

耐久性に優れた米国製カーボンファイバーフレームを採用し、

ハードウェアとソフトウェアの両方で最大限のコントロールと柔軟性を確保しています。

特に注目すべきは、

E455が水素燃料電池を動力源として採用している点です。

これにより、

長時間の飛行と高いステルス性が可能になります。

この技術はEvent 38 Unmanned Systems、

オハイオ連邦研究ネットワーク(OFRN)、

大学研究チームの共同研究によって開発されました。

E455は、

その静かな飛行能力で野生生物の監視や軍事監視など、

機密性の高い任務に最適です。

また、農業監視や救助任務など、

幅広い用途に対応可能なこのドローンは、

性能、信頼性、多様性を提供します。

これにより、

VTOL技術の新たな可能性が示されています。

E455は、

空中作業の効率とステルス性を再定義し、

無人航空機の進歩を象徴する製品です。

商用利用から重要な任務まで、

このドローンはさまざまなシナリオでの活用が期待されています。

EVENT 38 E455ドローンは、

革新的な設計と機能を備え、

今後の無人航空機の開発に大きな影響を与えることでしょう。

 

参考記事

https://www.drone.jp/news/2023122217181178725.html

画像(www.drone.jp)

https://www.drone.jp/news/2023122217181178725.html