長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

DJI Dock 2発売:自動ドローンオペレーションが進化、次世代レベルへ

DJI Dock 2

自動ドローンオペレーションの新たなスタンダードを日本を含むグローバル市場に導入。

この最先端技術は、

測量点検資産管理

そして安全管理の分野における日常業務の効率化を目指します。

DJIの最新革新により、

自動飛行ミッションの管理とモニタリングがクラウドベースで可能になり、

業務の自動化と合理化が実現します。

 

『主要特徴と利点』

高度な自動飛行ミッション:

DJI FlightHub 2との連携により、

自動化された飛行ミッションの管理やモニタリングが可能に。

これにより、

高精度の3Dモデル作成や測量タスクの自動化が実現します。

 

軽量設計と簡単設置:

前モデルと比較して約75%小型化、

68%軽量化を達成。

これにより、

設置場所の評価と運用開始がより効率的に。

 

厳しい気象条件下でも高い信頼性:

IP55の防塵・防水性能を備え、

リアルタイムで気象の変化を検知。

安定した運用を保証します。

 

コストパフォーマンスに優れた遠隔オペレーション:

内外部に魚眼レンズを搭載し、

ドックの状況をリアルタイムで確認。

ドローンのバッテリーは約32分でワイヤレス充電可能です。

 

DJI Matrice 3D/3TDとのシームレスな連携

DJI Dock 2は、

新しいDJI Matrice 3D/3TDドローンと組み合わせて使用され、

自動飛行タスクの成功率を高めます。

これらのドローンは、

最大50分の飛行時間、

約10kmの動作半径、

IP54の防塵・防水性能を備え、

測量や点検業務に最適化されています。

 

オープンエコシステムで拡がる可能性

DJIのオープンエコシステムにより、

DJI製サードパーティ製のペイロードを柔軟に使い分けることが可能です。

これにより、

DJI Dock 2は多様な産業用途において、

その可能性を広げています。

DJI Dock 2の導入は、

自動ドローンオペレーションの効率性、

信頼性、

そして柔軟性を大幅に向上させ、

産業界における日常業務の革新を促進します。

この技術革新により、

業務の自動化と合理化が新たなレベルへと引き上げられることが期待されます。

 

YouTube

https://youtu.be/JRidlUcOoFs

参考記事

https://www.drone.jp/news/2024032709015984737.html

 

画像(www.drone.jp)

https://www.drone.jp/news/2024032709015984737.html