長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

DJIから画期的な「DJI Dock 2」登場: 自動化ドローンオペレーションが業務効率を革新

 

DJI、世界のドローン技術の先駆者が、

業界をリードする新製品「DJI Dock 2」を発表しました。

この最新のドローンプラットフォームは、

遠隔操作による完全自動化されたドローンの展開と回収を実現する

「ドローン・イン・ア・ボックス」システムを特徴としています。

公式サイトでは、

2024年3月26日(火)より購入予約を開始しています。

 

効率的な業務遂行を実現する「DJI Dock 2」

「DJI Dock 2」は、

測量、点検、資産管理、安全管理などの

日常業務を自動で遂行するために設計された、

特別設計のドローン「DJI Matrice 3D」または

「DJI Matrice 3TD」と組み合わせて使用されます。

このシステムは、

前モデルと比較して約75%小型化、68%軽量化を実現し、

重量34kg、サイズ570mm × 583mm × 465mmで、

設置が容易でコスト効率も高いです。

 

高性能ドローンによる精密作業

搭載されるドローンは、

望遠カメラ、広角カメラ、全方向障害物検知、自動障害物回避機能を備え、

最大飛行時間50分、動作半径約10km、保護等級IP54の防塵性・防水性を誇ります。

これにより、

あらゆる業務での使用において、

高いパフォーマンスと安全性を保証します。

 

天候変化もリアルタイムで把握

「DJI Dock 2」には、雨量計や風速計、

温度計などのセンサーが搭載されており、

天候の変化をリアルタイムでモニタリングします。

これにより、

遠隔地からでも機体の離着陸を確認でき、

安全なドローンオペレーションを実現します。

 

クラウドベースでの管理と高精度3Dモデル作成

「DJI FlightHub 2」を介したクラウドベースの管理により、

効率的な飛行ルートの設定や指定エリア内の自動撮影が可能となります。

これにより、

業務の効率化と人員の安全確保を図ることができます。

「DJI Dock 2」は、

ドローン技術を活用した業務の自動化と効率化に革命をもたらす製品として、

今後の産業界における標準となることが期待されています。

https://youtu.be/JRidlUcOoFs

参考記事

https://www.axismag.jp/posts/2024/04/582209.html

 

画像(www.axismag.jp)

https://www.axismag.jp/posts/2024/04/582209.html