長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

ACSL、ドローン”SOTEN”の操作性向上アップデート – 送電線・鉄塔点検を革新

ACSL(株式会社エイシーエスエル)が、

セキュリティと操作性に優れた小型空撮ドローン

「SOTEN(蒼天)」を2024年2月7日にアップデートしました。

この革新的なアップデートにより、

交流磁界が影響する送電線や鉄塔付近での操作性が大幅に向上。

インフラ点検、災害対応、測量、警備、農業など、幅広い分野での活用がさらに拡大します。

SOTENは、

高度な技術を駆使し、

電力インフラの安全な点検を実現することで、

作業員の安全と作業効率の向上に貢献します。

 

映像伝送速度の向上は、

リアルタイムでの映像共有をスムーズにし、

迅速な意思決定を支援。

また、国際市場を視野に入れた多言語版基地局アプリ「TAKEOFF」開発により、

世界中のユーザーがSOTENを容易に使用できます。

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の支援を受けたSOTENは、

ISO15408基準のセキュリティ対策を施し、

データの安全性と機体のセキュリティを確保。

45分の飛行時間、

10kmの飛行距離、

IP54の防塵防滴性能を備え、

業界トップクラスのドローンソリューションを提供します。

ACSLのSOTENアップデートは、

ドローン技術の進化とともに、

業界の新たな基準を確立しています。

 

 

参考記事

https://www.drone.jp/news/2024020817075681250.html

画像(www.drone.jp)

https://www.drone.jp/news/2024020817075681250.html