長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

2030年に1兆4000億円超予測!急成長する産業用ドローンの世界市場動向

 

 

矢野経済研究所による最新の市場調査で、

2030年には産業用ドローン市場が1兆4000億円を超えると予測。

中国、欧州、米国でのドローン技術革新と日本の市場動向を深掘りします。

 

産業用ドローンの世界市場は急速な成長を遂げており、

2030年には1兆4000億円を超える市場規模に達する見込みです。

矢野経済研究所が2024年4月18日に発表したこの調査結果は、

2000年代初頭から急激に発展したドローン技術と、

それに伴う各国の市場動向に注目を集めています。

特に中国、欧州、米国では、

高性能なドローンを製造するスタートアップが増え、

世界中への供給が拡大しています。

 

日本国内では、

産業用ドローンは農林水産業やインフラ点検、

警備・監視といった分野で広く採用されており、

これらの用途でのドローン活用は市場拡大を促進しています。

さらに、

災害対応としてのドローン利用も注目され、

全国の消防本部の約6割がドローンを導入していることからも、

その需要の高さがうかがえます。

 

今後、

ドローン市場の拡大は、

各国の規制緩和や安全性の向上に支えられ、

自動車や旅客機と同じように、

法規制や環境整備が進むことが予想されます。

このようにしてドローンが産業各分野での実用化が進む中、

さらなる技術革新と市場の拡大が期待されています。

 

この記事は、

産業用ドローンの現在の市場状況と将来の展望を提供し、

技術開発者、

政策立案者、

業界関係者にとって価値ある洞察を提供します。

ドローン技術の最新動向を追いたい方々にとって、

必読の内容となるでしょう。

 

参考記事

https://news.mynavi.jp/techplus/article/20240418-2929743/

画像(htts://news.mynavi.jp)

https://news.mynavi.jp/techplus/article/20240418-2929743/