長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

長野県白馬村で発生した土砂災害:被害状況と緊急避難指示の最新情報

 

2023年12月17日、

長野県白馬村を襲った土砂災害により、

地域コミュニティが大きな打撃を受けました。

この自然災害は、

特に白馬村北城のみそら野地区で深刻な影響を及ぼし、

少なくとも16棟の建物が被害を受け、

その中で1棟が全壊しました。

当局は、

この「長野県の土砂災害」に迅速に対応し、

17日朝から被害状況の詳細な調査を開始しました。

この調査では、

ドローンを活用して立ち入り禁止区域の建物の状況を確認し、

被害範囲の把握に努めました。

初期分析によると、

この災害は気温の上昇による雪解けと、

それに続く雨による沢の増水が原因である可能性が高いとされています。

現在、18世帯45人が避難所として村が手配した宿泊施設に滞在しています。

村は、これらの「避難者」の安全と福祉を最優先事項としており、

18日午前には重要な「対策会議」を開催し、

避難指示の範囲を縮小するかどうかを検討します。

この「長野県白馬村の土砂災害」は、

自然災害の予測の難しさと、

迅速な対応の必要性を改めて浮き彫りにしました。

当局と救助隊の努力により、

被災者への支援と安全確保が進められています。

今後の更新情報にご注目ください。

 

参考記事

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231217/k10014290531000.html

画像(www3.nhk.or.jp)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231217/k10014290531000.html