長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

能登半島地震被害調査にドローンを活用 – JALとKDDIスマートドローンが共同で支援

 

2024年1月から2月にかけて、

日本航空株式会社(JAL)とKDDIスマートドローン株式会社は、

能登半島地震の被害状況を調査するために

石川県珠洲市と輪島市で共同支援活動を展開しました。

JUIDAの調整の下、

このプロジェクトはドローン技術を駆使して、

災害後の迅速な情報収集と被害状況の把握を目指しました。

 

仮設住宅建設地の選定や、

橋梁の安全性評価など、

災害によって影響を受けた社会インフラの調査に、

Mavic 2 ZoomとSkydio 2+を含む先進的なドローンが活用されました。

これにより、地図とオルソ画像を用いて、

津波浸水域と建設候補地の関係を明確化し、

自治体の迅速な意思決定を支援しました。

 

特に、ドローンによる緊急橋梁点検では、

目視では確認が難しい部分の損傷状況を即時に把握することが可能になり、

現場の負担軽減と2次災害の抑止に大きく寄与しました。

この取り組みは、

災害対応におけるドローン技術の有効性を示すとともに、

社会インフラの老朽化課題解決に向けた新たな可能性を提示しています。

 

JALとKDDIスマートドローンは、

今後もドローンを活用した災害対応や社会インフラ調査の支援を通じて、

ドローンの社会実装をさらに加速し、

安全で安心な社会の構築に貢献していく方針です。

 

参考記事

https://www.drone.jp/news/2024031210423183301.html

画像(www.drone.jp)

https://www.drone.jp/news/2024031210423183301.html