長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

福島空港で実施されたドローン対応訓練が安全飛行の未来を約束

 

2024年2月15日、

福島空港周辺での安全を脅かす

違法ドローン飛行に対応するための訓練が実施されました。

この訓練は、

航空安全を守るための重要なステップであり、

航空法により禁止されている空港周辺でのドローン飛行に対する

迅速かつ効果的な対策を確認する機会を提供します。

福島空港では、

約50人の空港職員や警察官がこの訓練に参加し、

不審者によるドローン飛行のシミュレーションに基づいた対応を行いました。

この訓練は、

ドローンが航空機の安全飛行に与える可能性のある影響を軽減し、

空港利用者の安全を確保するために不可欠です。

参加者たちは、

不審者がドローンを着陸させるよう要求に応じなかった場合の対応プロセスを実践しました。

最終的には、

警察官が盾や刺股を使用して不審者を確保するまでの一連の対応を確認しました。

福島空港事務所の瓦吹肇所長は、

この訓練が将来的に事案が発生した際に、

関係機関が迅速かつ効果的に対応できるようにするための重要な取り組みであると強調しました。

福島空港でのドローン対応訓練は、

安全な航空環境を維持し、

航空安全に対する新たな脅威に備えるための重要なステップです。

参考記事

https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20240215/6050025327.html