長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

福島の帰還困難区域で革新を実現: OKUMA DRONEによる3Dマッピング測量技術の先駆的実証

 

OKUMA DRONE株式会社が2024年2月、

福島県大熊町の帰還困難区域で初めて実施した3Dマッピング測量実験は、

除染作業の未来を切り開きました。

この実験は、

複数ドローンの同時運航と遠隔操作が可能な一元航行管理システムを利用し、

放射能未除染区域の課題に対応する新しい手法を検証するものです。

ドローンに搭載されたSONY α6400カメラとPix4Dソフトウェアを使用して、

従来の人力測量よりも迅速かつ正確にデータ収集を行い、

効率的な3Dマッピングを実現しました。

 

この技術は、

放射能汚染地域の安全な調査及び復興作業に大きく貢献することが期待されています。

特に、水素燃料ドローンの開発が進む中、

より広範囲の飛行が可能になることで、

未来の環境保護や安全確保に向けた新たな可能性が見込まれます。

OKUMA DRONEの代表、

李顕一氏は、

これらの課題を解決し、

水素社会の実現に貢献することを目指しています。

 

福島県大熊町での実証実験は、

ドローン技術を活用した除染作業の新たなアプローチを示し、

復興支援だけでなく、

世界中の環境保護と安全確保に向けた技術提供の重要性を強調しています。

OKUMA DRONEによるこの革新的な取り組みは、

放射能汚染地域の調査及び復興作業における新しい標準を設けることになるでしょう。

 

参考記事

https://www.drone.jp/news/2024021618544781661.html

画像(www.drone.jp)

https://www.drone.jp/news/2024021618544781661.html