長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

石川県輪島市での能登半島地震への対応:ソフトバンクのドローン無線中継システム

ソフトバンクは、

石川県輪島市で発生した令和6年の能登半島地震に備えて、

有線給電ドローン無線中継システムの運用を始めました。

この革新的なシステムは、

双葉電子のドローンをベースにしており、

ソフトバンクと東京工業大学の共同開発により実現しました。

 

このシステムは、

災害時に通信インフラの確保を支援し、

通信網の復旧を迅速に行う能力を備えています。

無線中継装置を搭載したドローンは、

地上に停留飛行させ、

半径3km以上のサービスエリアを提供できます。

通信速度は下り最大150Mbpsで、

3GおよびLTE(2.1GHz帯)に対応しています。

 

また、このシステムは軽量で設置が容易で、

現地到着後わずか30分で利用を開始できます。

さらに、地上から有線給電されるため、

連続100時間以上の利用が可能です。

遠隔地からの運用や監視も可能で、

災害時に迅速な通信サポートを提供します。

参考記事

https://www.drone.jp/news/2024010621064779200.html

画像(www.drone.jp)

https://www.drone.jp/news/2024010621064779200.html