長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

東日本大震災記念日に警視庁と民間が協力、災害対応力をドローンで強化

 

 

東日本大震災から13年を迎え、

警視庁は民間企業と災害対応の新たな協定を結びました。

この取り組みの目的は、

都心のタワーマンション等の災害時被害をドローンで早期に把握し、

緊急対応力を向上させることです。

特に、高層階の孤立化問題に対処するため、

月島署は「泉海陸作業」と協力し、

災害時の迅速な被害確認体制を整備しました。

 

実演訓練では、

ソニー製大型ドローンが急浮上し、

窓の損壊や要救助者を確認。

この技術は災害対応の効率化に大きく貢献します。

また、立川署はトヨタドライビングスクール東京と協定を締結。

災害時に警察車両の駐車場確保やガソリン供給をスムーズに行い、

対応の基盤を強化しました。

 

これらの官民協力は、

災害発生時に迅速かつ効果的な対応を可能にし、

地域の安全と安心を守るための重要なステップです。

警視庁と民間企業の連携により、災害対応力の強化が進み、

将来的な災害時の被害を最小限に抑えることに貢献することが期待されます。

 

参考記事

https://news.yahoo.co.jp/articles/8a2f0a0bef5c82ff6ee50bc02dac38f77ffba464/images/000