長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

東京大学が開発したBEATLE:飛行中に合体・分離が可能な画期的ドローン

 

 

東京大学情報システム工学研究室によって開発された新型ドローン「BEATLE」は、

飛行中に合体・分離が可能という特異な機能を持ちます。

このモジュラー自己再構成型ロボット(MSRR)は、

特に災害救助、建設現場での使用、長期間の環境監視など、

さまざまな産業での応用が期待されています。

BEATLEは、

隣接するモジュールとのドッキングをレンチ荷重を必要とせずに行うことができ、

システムの耐久性と柔軟性を大幅に向上させています。

 

この技術革新は、

ドローンが単一の機体としてだけでなく、

必要に応じてその形を変え、

複数のドローンが協調して作業を行うことを可能にします。

東京大学の研究チームは、

多連結飛行のための制御フレームワークと再構成動作のモーションプランナーを開発し、

その効果を最大限に活用しています。

実際のプロトタイプの実装と実験を通じて、

このシステム設計のロバスト性とスケーラビリティが実証され、

さらなる研究と開発が進行中です。

 

「BEATLE」の開発は、

ドローン技術の新たな可能性を開くとともに、

未来のロボティクスとモビリティの形を形作る一助となるでしょう。

このプロジェクトは、

技術革新の最前線を走り続ける東京大学の力強い姿勢を示しており、

その進展に注目が集まっています。

 

参考記事

https://www.drone.jp/news/2024042111202986631.html

画像(https://www.drone.jp)

https://www.drone.jp/news/2024042111202986631.html