長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

札幌市における冬眠しないヒグマ問題:ドローンを活用した追跡調査と市民への注意喚起”

北海道札幌市では、

12月に入っても冬眠しないヒグマの出没が続いています。

これに対応するため、

市の職員はドローンを用いたヒグマの追跡調査を実施しました。

この調査は、

市街地近くのヒグマの動向を把握し、

市民の安全を確保することを目的としています。

ドローンによる調査ではヒグマは確認されませんでしたが、

野生動物モニタリングにおけるドローンの有効性が示されました。

 

北海道大学の下鶴倫人准教授は、

暖冬の影響でヒグマの冬眠行動に変化が生じる可能性があると指摘し

冬眠の開始が遅れることや、

冬眠期間の短縮が考えられるとしています。

この情報は、

札幌市のヒグマ対策において重要で

市では、ヒグマの出没に関する注意喚起を強化しました。

市民や観光客に対して、

ヒグマよけの鈴の使用や夜間の外出を避けるよう呼びかけており、

冬山を訪れる際にはヒグマとの遭遇リスクを考慮する必要があります。

このヒグマの異常行動は、

気候変動の影響を反映している可能性があり、

ドローンを用いた追跡調査はヒグマ対策の新たな可能性を示しています。

札幌市は、市民の安全を確保するためにも、

継続的なモニタリングと対策の強化を進めています。

参考記事

https://news.yahoo.co.jp/articles/664a29e2ee3964a27eeeedbeaa6b7c7019d51382?page=2

YouTube

https://youtu.be/Cmp9I77Jb5o?si=1Fb17E7LCVk6tU_V