長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

未来の科学者への一歩:山梨で小学生がドローン操縦とプログラミングを学ぶ

 

 

山梨県甲府市にある県立科学館では、

小学生を対象とした特別な体験学習イベント

「日帰りロボキッズキャンプ」が開催されました。

このプログラムは、

子どもたちがロボット技術やプログラミングに対する関心を深めることを目的としており、

具体的には、

小学3年生から6年生までの8人の参加者が、

ドローンの操縦と飛行ルートのプログラミングに挑戦する機会を提供しました。

この教室は、

UTYテレビ山梨の番組「ドローン紀行」での撮影経験を持つ富士山ドローンベースの専門家たちによる指導のもと、

参加した子どもたちはタブレット端末を使ってドローンを操る技術を学びました。

 

参加者たちは、

初めは慣れない操作に四苦八苦しながらも、

徐々に技術を習得し、

最終的には輪をくぐるなどの複雑な飛行操作を見事にこなしていく様子が見られました。

この体験を通じて、

子どもたちは科学技術への理解を深めるとともに、

未来のテクノロジーに対する興味や好奇心を育んだことでしょう。

 

「日帰りロボキッズキャンプ」は、

子どもたちが科学的な探究心を持ち、

創造力や問題解決能力を養うための絶好の機会を提供します。

山梨県立科学館は、

このような教育的なイベントを通じて、

子どもたちが未来の科学者やエンジニアに必要なスキルを身につけるための基盤を築いています。

このイベントは、

地域社会における科学技術教育の推進にも寄与しており、

参加したすべての子どもたちにとって忘れられない学びの体験となったに違いありません。

 

参考記事

https://newsdig.tbs.co.jp/articles/uty/1045727?display=1

https://news.yahoo.co.jp/articles/cb85aad2122036bf3b7fb628426d1f17a50491de