長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

日本郵便が革新的な「JP2」ドローンで荷物配送サービスを試行開始

 

日本郵便は、

最新技術を駆使した新型ドローン「JP2」を用いた荷物配送の試行を開始し、

物流業界におけるイノベーションの新たな波を生み出しています。

この試みは、

日本郵便と日本郵政キャピタル、

ドローン技術の先駆者ACSLとの間で結ばれた業務提携契約に基づき、

共同で開発されたものです。

 

「JP2」ドローンは、

物流オペレーションに特化した設計を採用しており、

荷物の搭載や収納が容易で、

社会受容性を考慮したデザインを特徴としています。

また、有人地帯での目視外飛行を可能にする

「レベル4」の型式・機体認証取得を目指した仕様により、

配送の効率化と安全性の向上が期待されます。

 

このドローンは、

2,272×2,500×721mm(長さ×幅×高さ)のサイズで、

最高速度10m/s(36km/h)、

最大積載量4.5kg(100サイズ程度)、

最大飛行距離35kmという、

従来モデル「PF2」を大幅に上回る性能を誇ります。

荷物の収納は機体上部から行われ、

切離しは下部からの操作で実現、

よりスムーズな荷物の取り扱いを可能にしています。

 

試行運行は兵庫県豊岡市出石町の出石郵便局配達区内で3月4日から22日まで行われ、

補助者なしの目視外飛行(レベル3.5)による配送が実施されます。

この新型ドローンの導入により、

日本郵便は中山間地域でのドローン配送の実用化を加速させ、

配送サービスの新たな地平を切り開くことを目指しています。

 

「JP2」ドローンの試行開始は、

ドローンによる配送サービスの将来性を示す重要なマイルストーンであり、

物流業界における技術革新の最前線を行く日本郵便の取り組みは、

配送効率化と地域アクセスの向上に大きく貢献することでしょう。

 

参考記事

https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1573813.html

 

画像(www.watch.impress.co.jp)

https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1573813.html