長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

日本におけるドローン航路開拓:送電線網を活用した未来の物流と点検

 

日本が進めるドローン航路の開拓プロジェクトは、

送電線網を活用し、

全国に目視外自動飛行航路を展開しています。

この革新的な取り組みは、

電力会社の送電線点検作業の効率化と、

将来的に物流など他の産業への応用を目指しています。

埼玉県秩父エリアでの約150キロメートルの航路整備を皮切りに、

2024年度には関東と中国地方で約2000キロメートルの実装が計画されており、

2027年度には全国で1万キロメートル以上の航路を目指す野心的な計画です。

 

このプロジェクトは、

グリッドスカイウェイ有限責任事業組合(GSW)が主導し、

送電線近くの空域を利用することで、

有人航空機との接触リスクを減らし、

安全な航路設定を可能にしています。

ドローンの飛行形態は、

目視内から目視外までの4段階に分かれ、

GSWは目視外レベル3以上を目指しています。

 

ドローン航路の構築には、

山間部の鉄塔点検などで生産性が約5倍向上するなど、

多くのメリットが期待されます。

航路は高さ30メートル、

幅30~50メートルの空間で設計され、

鉄塔そのものの点検も考慮に入れています。

 

東京電力PG、NTTデータ、

日立製作所などの大手企業が参画し、

JR東日本なども加わることで、

インフラ企業間の連携やコスト削減が期待されています。

ドローン技術の応用と航路開発は、

日本の物流とインフラ管理に新たな可能性をもたらし、

国内外からの注目を集めています。

最新の進捗や関連情報はGSWの公式ウェブサイトで確認できます。

このプロジェクトは、

効率的な点検作業から物流の未来に至るまで、

幅広い応用が期待されています。

 

参考記事

https://news.yahoo.co.jp/articles/302bea32838ecfbc765fd21cfa2833719dfad1de