長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

“川崎重工業の革新:無人VTOL機「K-RACER-X2」が伊那市での実証実験に成功、山間地域物資輸送を変革”

川崎重工業は、

伊那市での実証実験にて、

革新的な無人VTOL機「K-RACER-X2」の飛行試験を成功させました。

この200kgペイロードの物流ドローンは、

山間地域の物資輸送を革命化する目的で開発され、

山小屋への輸送や公共インフラの維持に貢献します。

 

「K-RACER-X2」は、

従来モデルのメインローター直径を5mから7mに拡大し、

ペイロードを100kgから200kgに増加。

これにより、山麓から山小屋までの輸送能力を高め、

サービスの検証を目的とした実証実験が行われました。

仕様には、レシプロエンジン駆動、ハイオクガソリン燃料、

100km以上の航続距離、1時間以上の運用時間が含まれます。

 

この技術は、自治体や関連団体が直面する輸送課題の解決策として期待され、

持続可能な社会構築に貢献します。改良型「X2」は、

標高3,100mの山小屋へ100kgを輸送可能で、

労働力不足や交通インフラ制約の解消に向けて大きな一歩を踏み出しています。

 

参考記事

https://www.drone.jp/news/2023111415573476233.html

画像(www.drone.jp)

https://www.drone.jp/news/2023111415573476233.html