長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

富士フイルムビジネスイノベーション、ドローン活用で罹災証明書の迅速交付を実現

 

富士フイルムビジネスイノベーションが、

災害時の罹災証明書交付を迅速化するための新ソリューションを

2024年4月より提供開始します。

このソリューションは、

ドローンによる空撮画像を活用し、

被災家屋の状況を即座に把握することが可能です。

従来の紙ベースや人手に頼ったプロセスから脱却し、

デジタル化と効率化を図ることで、

災害発生後の初期対応を大幅にスピードアップします。

特に、道路が寸断された場合でも迅速な被害評価が可能となり、

被災者が必要とする支援を早期に受けられるようになります。

さらに、罹災証明書出力機能や自己判定申請受付機能を追加し、

罹災証明書の交付プロセスをさらに迅速化。

富士フイルムビジネスイノベーションは、

このソリューションを通じて、

災害対応のデジタルトランスフォーメーションを推進し、

自治体の災害対応能力向上に貢献します。

愛媛県宇和島市が初の利用者となり、

被災者支援と自治体の対応能力向上に期待が集まっています。

参考記事

https://www.drone.jp/news/2024032611265484671.html

画像(www.drone.jp)

https://www.drone.jp/news/2024032611265484671.html