長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

富士フイルムシステムサービスが革新的なドローン技術で災害時の家屋被災状況を可視化

富士フイルムシステムサービスが開発した被災状況可視化機能は、

ドローンで撮影した空撮画像から災害時の家屋被災状況を把握し、

罹災証明書の迅速化を支援します。

この技術により自治体の災害対応効率が向上します。

 

 

 

 

富士フイルムシステムサービスは、

災害発生時の家屋の被災状況を効率的に把握し、

自治体による罹災証明書の迅速化に貢献するため、

「被災状況可視化機能」を提供します。

この機能は、

ドローンで撮影した空撮画像を活用し、

被災家屋のダメージを即座に評価することができます。

さらに、被災地域の調査優先度を判断し、

災害対応の迅速化を実現します。

自治体が直面する被災地域のアクセス困難な状況においても、

このドローン技術を用いれば、

現場に行くことなく家屋の被災状況を詳細に確認できるため、

罹災証明書の発行をより迅速に行うことが可能となります。

これにより、

被災者は必要な支援を早期に受けることができるようになります。

 

このシステムは、

「被害調査統合システム」と「家屋被害判定アプリ」を核としており、

タブレット端末を使って災害現場での評価をサポートします。

このデジタルアプローチにより、

罹災証明書の発行プロセスが大幅に短縮され、

被災者の生活再建への道がスムーズになります。

 

富士フイルムシステムサービスによるこの革新的なドローン利用技術は、

災害時の自治体の対応能力を大幅に向上させ、

被災者支援の質と速度を改善することに寄与します。

災害対応の新たなスタンダードとして、

今後の展開が期待されています。

 

 

参考記事

https://www.risktaisaku.com/articles/-/91014