長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

大林組とトップライズ、トンネル内自律飛行ドローンの実証実験で世界初の成功

日本の建設業界をリードする大林組とトップライズが、

非GNSS環境下で動的障害物を回避しつつ自律飛行する

ドローンの実証実験に世界で初めて成功しました。

この先進的な技術は、

トンネル掘削工事の安全性と生産性を

革新的に向上させる可能性を秘めています。

トンネル工事では、

切羽直下での目視確認が不可欠ですが、

崩落リスクの高いこの地域での作業員の安全が大きな課題でした。

従来の地上型スキャナの限界を克服し、

カーネギーメロン大学の協力を得て開発されたこのドローンは、

独自のアルゴリズムを用いて非GNSS環境下でも

高精度な自律飛行を実現します。

実証試験では、

ドローンは人や重機が動く環境下での

切羽直前までの接近と、

迅速かつ正確な計測を行い、

トンネル掘削の効率と安全性を大幅に向上させました。

重機オペレーターは、

ドローンが可視化する掘削不足箇所を画面上で確認し、

より安全かつ効率的に作業を進めることができます。

大林組とトップライズは、

今後もカーネギーメロン大学から技術移転を受け、

トンネル工事のさらなる安全性と生産性の向上を目指します。

この革新的なドローン技術は、

建設業界全体に広く応用される見込みで、

技術革新と効率化のための重要なステップとして注目されています