長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

和歌山県、ドローンによる災害対策を強化:新ガイドラインで迅速な救助活動を実現

 

和歌山県がドローンの先進的活用を推進し、

災害時の迅速な救助と物資輸送に向けた

「ドローンを活用した災害対応ガイドライン」を策定しました。

この新しいガイドラインは、

2023年に発生した能登半島地震の際、

道路が寸断され孤立した集落に対する物資輸送の遅れを教訓に、

ドローンによる空路の利用を促進することで、

災害発生時の対応力向上を図るものです。

和歌山県内の自治体では、

すでに多くがドローンを導入し、

映像撮影や建物の点検、

測量といった平時の用途の他、

災害発生時には被災地の状況把握や行方不明者の捜索に貢献しています。

このガイドラインは、

自治体がそれぞれの防災課題を特定し、

実行計画を立てることを推奨。

また、ドローンの運用に当たっての航空安全や情報セキュリティーへの配慮、

市町村と住民、

企業間の連携による効率的な活用などが詳細に説明されており、

実証実験を通じて更なる改善を目指すとしています。

さらに、

和歌山県はドローン導入支援として、

令和6年度から機体導入費用や操縦士養成費、

体制構築費用の半額を補助する予定で、

これによりドローン活用のさらなる普及が期待されます。

この重要な進展を、

ドローン活用、災害対応、

自治体のイノベーションといったキーワードで情報共有し、

和歌山県の取り組みが災害時の救助活動の効率化にどのように寄与していくのかを

広く伝えることが重要です。

 

参考記事

https://www.sankei.com/article/20240411-OY3YCUCOHVPYVK3VCPALZKXGUA/