長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

全米警察、ドローンによる犯人追跡の最新技術導入 – プライバシー保護の課題とのバランスを模索

最新技術の進歩と市民の安全を重視する全米の警察機関が、

犯罪者の追跡と防犯対策のためにドローンの使用を開始しました。

特に盗難や強盗が増加するホリデーシーズンにおいて、

この技術は高級店やショッピングモールを狙った犯罪を未然に防ぐための重要な手段となっています。

Skydio社製の自律飛行型ドローンは、

その優れた機能により、

容疑者を迅速かつ効果的に追跡することが可能です。

これにより、地上の従来の追跡方法に比べて、

犯人をより早く、

より確実に見つけ出すことができるようになりました。

しかし、この革新的な技術導入には、

市民のプライバシー保護という大きな課題も伴っています。

特に密集地域でのドローンの使用は、プライバシーの侵害につながる恐れがあり、

市民からの懸念の声が上がっています。この問題に対処するため、

ニューヨークでは警察の監視政策に関する公的監視法(POST)を制定し、

警察が監視技術を使用する際にはその技術の開示と説明が義務付けられました。

このように、

全米の警察機関は、

市民の安全を確保するための新しいテクノロジーの導入と、

それに伴うプライバシー保護の重要性との間でバランスを取る必要があります。

今後も、安全とプライバシーの保護という二つの重要な要素の間で、

継続的な議論と改善が求められることでしょう。

 

参考記事

https://news.yahoo.co.jp/articles/d20fcddcc6a1b57de9507a57f7d074db947c1f14