長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

全固体電池技術、EV以外の分野での利用が拡大

 

最新のエネルギー技術として注目される全固体電池が、

電気自動車(EV)を超えて多岐にわたる産業での

採用が進行中であることが明らかとなりました。

この技術は、伝統的なリチウムイオン電池に代わるものとして、

安全性と充電効率の向上が期待されています。

 

特に、パナソニックは小型ドローン向けに全固体電池を開発。

従来の1時間充電を3分に短縮する技術を持っており、

その実用性が高まっています。

 

また、マクセルは産業用機械に特化した耐熱性と

長寿命を誇る全固体電池の量産を開始しています。

さらに、EV市場でも全固体電池の動きは活発で、

トヨタ自動車と出光興産が提携を結び、

2027年から2028年の実用化を目指していることが報告されています。

 

このような全固体電池技術の進化は、

今後のエネルギー市場において大きな変革をもたらすとの見方が強まっています。

 

参考記事

https://www.sankei.com/article/20231104-CZCPBKCAFRIO5BEI2F6EN6ZI3Y/

動画https://youtu.be/AbNYR3m9DHQ?si=kNVinnoZzOshys3v