長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

三重県松阪市で密漁監視にドローン導入: 潮干狩り禁止地区での新たな対策

 

 

 

三重県松阪市の潮干狩り禁止地区での密漁問題が深刻化している中、

地元の漁協がドローンを用いた監視システムを導入し、

密漁行為の抑制に取り組んでいます。

この新しいアプローチは、

密漁者の追跡と特定を容易にし、

法令遵守の強化を目指しています。

 

松阪漁協の取り組みには、

広範囲の干潟をカバーすることが可能なドローンが使用されています。

これにより、

従来の徒歩によるパトロールでは到達が難しい場所も監視し、

密漁活動をリアルタイムで捉えることができます。

ドローンは高解像度カメラを装備しており、

疑わしい行動をしている個人を迅速に特定し、

適切な警告を行うことが可能です。

最近の事例では、

ドローンが潮干狩り禁止区域で密漁行為をしていると思われる2人組を発見しました。

彼らは潮の干満時に貝を掘り起こしていたところをドローンによって確認され、

地上のパトロールチームに通報されました。

この迅速な情報共有により、

漁協は即座に対応することができ、

違法行為を未然に防ぐ手助けとなりました。

 

このドローン導入による成果は、

他の地区でも注目されており、

三重県内の他の漁協でも同様の技術を導入することが検討されています。

ドローン技術が地域社会の法規制遵守と自然資源の保護にどのように貢献しているか、

今後の展開にも大きな期待が寄せられています。

この先進的な取り組みは、

地方自治体や関連機関がどのように最新技術を活用して

地域の問題に対処しているかの良い事例となり、

今後も継続的な監視と評価が求められます。

 

参考記事

https://news.yahoo.co.jp/articles/426cdf31db82aa9d9e5bca993c15ee171c36b41b?page=2