長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

ヒューストンでドローンの配送サービスを開始、メモリアル・ハーマンとジップラインが提携

「テキサス州ヒューストンのメモリアル・ハーマンがジップラインと提携し、

2026年に医薬品と医療用品のドローン配送サービスを開始します。

この革新的な医療上の取り組みは、地域のアクセスを向上させることを目指しています。」

 

 

メモリアル・ハーマン、

テキサス州ヒューストンに本社を置く大手非営利医療機関は、

ドローン配達のスタートアップ企業ジップライン

(カリフォルニア州サンフランシスコ本社)との提携、

2026年に医薬品および医療用品のドローン宅配サービスをこのサービスは、

ヒューストン地域の医療機関会場の試みとなります。

 

メモリアル・ハーマンの上級副社長兼最高責任者(CFO)アレク・キング氏によると、

ジップラインのドローンサービスは、

患者が追加の費用負担なく必要とする薬剤を迅速かつ便利に考えることが可能に将来的には、

グループ内の病院内での医薬品、医療用品、試験サンプルの配送も検討されています。

 

テキサス州では、

ウォルマート、ウィング、ドローンアップなどの企業がすでに

ドローン配達サービスを展開しており、

ジップラインの参入はこれに続く形となります。

また、

アマゾンも2022年からテキサス州でドローン配達施設を運営し、

医薬品の配送を含む様々な商品のドローン配達を開始しています。

 

この新しいドローン配送サービスは、

特に遠隔地に住む患者や交通手段の限られた人々にとって、

医薬品を手に入れる大きな助けとなることが期待されています。

メモリアル・ハーマンとジップラインの提携により、

医療サービスの質とアクセスの改善が見込まれます。

 

参考記事

https://www.jetro.go.jp/biznews/2024/04/e0f66eef2807a80b.html