長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

ドローン配送の未来: アメリカにおける革新と拡張

 

アメリカからの報告によると、

ドローン配送サービスが新たな段階に入りました。

連邦政府の最近の決定により、

特定のドローン企業に目視外飛行の許可が下り、

これによりラストマイル配送におけるドローンの利用が格段に容易になりました。

この進展は、小売業者、飲食店、医療機関など、

多岐にわたる業界でドローン配送サービスの拡大を促しています。

 

ウォルマートやアマゾンなどの大手小売業者は、

この新技術を積極的に取り入れ、

アメリカ国内外でドローンによる配送サービスの開始を計画しています。

さらに、チックフィレやジップラインといった企業も、

特定地域でのドローン配送サービスを既に開始しており、

特に医療分野での応用が期待されています。

 

ドローン配送の実現には、

安全性、プライバシー、騒音などの課題が伴いますが、

業界専門家はこれらの問題が解決されることで、

地域社会の受け入れが進み、

規制が緩和されると見ています。

連邦航空局(FAA)は、

ドローン配送を

「日常的で、拡張性があり、

経済的に実行可能」なサービスにするための規則作りを進めており、

ドローンの視界外運用に関する安全性調査の最終報告書を見直しています。

 

参考記事

https://usfl.com/news/135914