長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

ドローン活用でクマ被害対策の未来を切り拓く札幌市の挑戦

2022年に導入された新たなドローンの運用ルールにより、

日本国内でのドローンの活用が急速に拡大しています。

観光、防災、インフラ、農業、鳥獣被害対策など、

様々な分野でドローンが活躍しています。

特に、2023年にはクマ被害問題がクローズアップされました。

 

日本各地でクマ被害が増加し、

特に札幌市ではヒグマの出没が顕著になりました。

2023年12月6日、

札幌市ではヒグマの目撃情報が相次ぎ、

中国のDJI社が製造した

「マトリス300RTK」

という産業用ドローンを使用して追跡調査が行われました。

この調査の目的は、

ヒグマの行動を追跡し、

市街地にヒグマが生息しているかどうかを確認し、

アーバンベア(都会のクマ)に対する対策を練ることでした。

 

マトリス300RTKは、

極端な環境下でも信頼性が高く、

様々なカメラオプションを備えています。

夜間撮影や赤外線カメラを使用することで、

野生動物の観察が容易になりました。

調査では、リアルタイムで映像を確認し、

動物の特定に役立てられました。

ヒグマは見つかりませんでしたが、

シカなどの野生動物が発見され、

ドローンの有用性が示されました。

 

ドローンを活用した調査には多くの利点があります。

まず、調査の安全性が向上し、

人が立ち入りにくい場所でも効率的に調査できます。

また、従来の調査方法よりも迅速に情報を収集できるため、

農林水産省などがドローンを鳥獣被害対策や鳥獣分布の調査に積極的に活用しています。

 

札幌市のクマ問題は、

都市と自然環境の接点が急速に増加していることが原因の一つとされています。

市内の森林が広がり、

農地が減少したことで、

人と野生動物との距離が縮まりました。

この問題に対処するため、

市は「さっぽろヒグマ基本計画2023」を策定し、

市街地と森林の適切な管理を進め、

人とヒグマの共存を実現しようとしています。

 

この計画には、

市街地と森林の間に緩衝帯を設けるなど、

細かなゾーン分けが含まれています。

また、ドローンや人工知能(AI)を活用したICT技術を導入し、

ヒグマの監視やモニタリングを強化する予定です。

アイヌ文化ではクマは「山の神」として崇拝され、

捕獲されたヒグマは儀式を通じて神々へ送り届けられました。

クマとの共存を重視する文化もあり、

クマ問題には多角的なアプローチが求められています。

クマは一概に「怖いもの」としてではなく、

個体差を考慮した対策が必要です。

 

参考記事

https://news.yahoo.co.jp/articles/ce270692a68f41c2908ec41486b522c3cf0bc15e/images/001