長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

ドローン国家資格制度開始1年、専門家シュウ・コバヤシが語る試験のコツと将来展望

ドローンの国家資格制度が開始されてから1年が経過した今、

ドローン専門家シュウ・コバヤシ氏が、

資格取得のための重要なアドバイスと

制度の将来についての見解を発表しました。

 

コバヤシ氏は、

講師、修了審査員、受講生としての豊富な経験を持ち、

ドローン業界の第一線で活躍しています。

彼の指摘によると、

実技試験では国土交通省の

「無人航空機操縦士実地試験実施細則」

の詳細な理解が不可欠であり、

特に口述試験の細かな部分での減点が多いとのことです。

また、実技試験の難易度は、

使用するドローンの機種や試験環境(屋内か屋外か)

によっても大きく異なると指摘しています。

 

一方で、机上試験と筆記試験の重要性も強調されています。

これらの試験は、

飛行計画の立案能力やドローンに関する幅広い知識を問うもので、

ドローンの安全運用に不可欠なスキルを測るために設計されています。

 

コバヤシ氏は、

ドローン技術の進化に伴い、

国家資格制度も変化する必要があると指摘しています。

特に1等資格の試験内容の見直しや、

2等資格の機体認証の進展による効力の高まりが期待されています。

この発表は、

ドローン愛好家や専門家にとって、

資格取得に向けた継続的な学習と準備の重要性を再認識させるものです。

ドローンの国家資格制度は、

ドローンを安全かつ効果的に運用するための重要なステップであり、

今後もその進化が注目されます。

 

参考記事

https://www.drone.jp/column/2023112912154676934.html

画像(www.drone.jp)

https://www.drone.jp/column/2023112912154676934.html