長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

ドローンで明らかになる福島第一原発の新たな発見

 

 

2024年3月、東京電力が福島第一原発1号機の内部をドローンで撮影し、

公開した画像が核燃料デブリの存在を示唆しています。

東日本大震災に伴う事故後、

原子炉格納容器の詳細な状態を把握するため、

東電は小型ドローンを使用してペデスタル内部の撮影を実施しました。

この撮影により、

つらら状や塊状の物体が確認され、

事故によって溶け落ちたと推測される核燃料デブリの検証作業が進んでいます。

 

ペデスタル内の探査では、

制御棒収納装置の一部の落下や、

その上部に形成されたつらら状の物体が観察されました。

これらの発見は、

福島第一原発事故の影響範囲と核燃料デブリの正確な位置の把握に大きな意味を持ちます。

また、ドローンが撮影した範囲内での内壁の大きな損傷は見られなかったことも報告されています。

 

この技術的進歩は、

人が近づくことができない高放射能エリアでも安全な調査を可能にし、

デブリの安全な除去や事故後の対策に向けた重要な情報を提供します。

東京電力は、

このような先進的な技術を用いて、

福島第一原発の状態を詳細に調査し、

将来のデブリ除去作業の計画に役立てていく方針です。

 

参考記事

https://www.yomiuri.co.jp/science/20240318-OYT1T50189/