長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

“トヨタ、タイの耐久レースで水素エンジン技術を披露 – 新時代のサステナビリティとイノベーションの展開”

トヨタ自動車が、2023年12月22日と23日にタイで開催される

「IDEMITSU SUPER ENDURANCE SOUTHEAST ASIA TROPHY 2023」、

通称タイ10時間耐久レースに参戦することを発表しました。

このレースでは、

トヨタの革新的な水素エンジンカローラ

「ORC ROOKIE GR Corolla H2 concept」

がデビューします。

この車両は、

サステナビリティとパフォーマンスを融合させたトヨタの最先端テクノロジーの象徴です。

特筆すべきは、

トヨタがレースで使用する水素燃料の生産方法です。

地産地消の原則に基づき、

CPの養鶏場で生産された鶏糞から得られるバイオガスと、

トヨタの拠点である

Toyota Daihatsu Engineering & Manufacturing Co., Ltd.(TDEM)

で発生する廃棄食料から生産されたバイオガスを使用しています。

これにより、

TDEMの水素製造機で生成される気体水素を、

水素エンジンカローラの燃料として使用する計画です。

イベント会場では、

トヨタとCPの協業による実証実験に使用されたFC(燃料電池)ドローンも初披露されます。

これは、

アジア市場での水素利活用モデルの構築と普及を目指すトヨタの野心的なプロジェクトの一環です。

このイベントは、

自動車業界におけるトヨタの持続可能なエネルギーソリューションへの取り組みと、

アジア市場におけるその影響力を強調しています。

タイ10時間耐久レースでのトヨタの出場は、新しいエネルギー源としての水素の可能性と、

その技術の実用化への一歩を象徴しています。

 

 

 

 

 

 

参考記事

https://www.drone.jp/news/2023121817002778236.html

画像(www.drone.jp)

https://www.drone.jp/news/2023121817002778236.html