長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

テラドローンとユニフライが欧州のドローン目視外飛行運用を革新

テラドローン株式会社とその子会社であるUnifly NVは、

デンマークのスカイパズラーApSと共に、

欧州でのドローンの目視外飛行運用強化に向けた覚書(MOU)を締結しました。

この協業は、

ドローン利活用の拡大と安全な目視外飛行の推進を目的としています。

 

スカイパズラーはデンマークに拠点を置くドローンの非衝突システム開発企業で、

運航管理システム(UTM)とシームレスに統合されたソフトウェアによって、

有人機と共有空域での自律型ドローンの安全運用を確保します。

ユニフライのトラフィック管理のデジタル化と

スカイパズラーの非衝突技術の組み合わせにより、

ドローンや空飛ぶクルマが普及する未来の空域での

安全な目視外飛行が実現されることを目指しています。

 

この技術統合により、

ドローン運用の手動操作を最小限に抑え、

スムーズな運航と人為的ミスによるリスクの軽減を実現します。さらに、

UTM技術のイノベーションを促進し、

業界全体でのドローン利活用の拡大に貢献します。

加えてこの協業は、

欧州における都市航空交通(UAM)や次世代エアモビリティ(AAM)の

社会実装を新たなステージに進めることを目指しています。

両社の代表は、

この協力関係を通じて、

ドローン業界を新たな段階に進め、

共通のビジョンを実現していくことに期待を寄せています。

さらに、

ドローンのシームレスな利用促進と二酸化炭素(CO2)排出量の削減を通じて、

輸送における環境影響の軽減にも貢献するとしています。

 

参考記事

https://www.drone.jp/news/2024032020050484140.html

 

画像(www.drone.jp)

https://www.drone.jp/news/2024032020050484140.html