長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

スイス連邦工科大学、人間レベルの性能目指す自律型ドローン技術の進捗を発表

スイス連邦工科大学(ETH)は、

自律型ドローン技術における最新の進歩の包括的な概要を発表しました。

同大は、検査、農業、捜索救助活動などの分野で

大きな可能性を秘めている自律型ドローンの性能向上に注力しています。

同大によると、

これらのドローンの現在の能力は、

スピード、適応性、信頼性の面で

人間のパイロットに遅れをとっているとのことです。

同大が取り上げた重要な質問は、

どうすれば自律型ドローンは人間のパイロットを上回ることができるのか、

ということでした。

プレゼンテーションでは、

GPSのない環境における自律的で機敏なナビゲーションの複雑さを掘り下げ、

ロボット工学研究における知覚、学習、計画、制御の課題を強調していました。

スカラムッツァ教授は、

ディープラーニング技術をイベントカメラなどの高速応答センサーと統合することで、

ドローンが搭載された計算リソースのみに依存しながら

驚くべき速度と回復力を達成できると説明しているとのことです。

 

参考記事

https://www.drone.jp/news/2023112116272876604.html