長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

シリコンバレー発、革新的な「Roadrunnerドローン」が防衛技術の新時代を切り開く

シリコンバレーの先端技術企業

Anduril Industriesが開発した

「Roadrunnerドローン」が、

自律型ジェットエンジン搭載ドローンとして注目を集めています。

このドローンは、

共同創業者パルマー・ラッキーの指揮のもと、

音速に近い時速1100キロでの飛行能力を実現しました。

今回の記事では、

この画期的な「Roadrunnerドローン」の特徴と、

防衛分野での潜在的な用途に焦点を当てています。

 

Roadrunnerドローンの特徴

  • 高速飛行: 音速に近い速度で飛行可能。
  • 自律型オペレーション: 複数のドローンを使った脅威評価と自爆攻撃が可能。
  • コスト効率: 数十万ドル台の前半という手頃な価格設定。

防衛分野での用途

  • 空の防衛: 台湾や日本の空の防衛に役立つ可能性。
  • 電子戦対応: 多様なペイロードを搭載し、電子戦に対応。
  • 森林火災対策: 米国の森林火災への対応策としての利用も視野に。

 

市場での位置付け

このドローンは、

イラン製ドローンやパトリオットミサイルと比較して

コスト効率が高いとされています。

また、レイセオンのコヨーテドローンと比較しても、

その性能と価格のバランスが優れていると評価されています。

 

総括

Anduril IndustriesのRoadrunnerドローンは、

その革新的な特徴により、

現代の防衛技術において重要な役割を果たす可能性があります。

しかし、その具体的な用途と価値については、

今後の情報と分析が待たれます。

 

参考記事

https://news.yahoo.co.jp/articles/06864d8acfd1696bd3b158133f371dfd40d30f45/images/000