長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

オークランド大学が開発、鳥の翼にインスパイアされた変形可能なドローン

オークランド大学の研究チームが開発した新型ドローンは、

形状モーフィング翼と翼型人工羽毛を採用し、

自然界の鳥の翼の動きを模倣することで飛行性能を向上。

この技術はドローンの適用範囲を広げ、

より効率的な飛行を可能にします。

 

 

オークランド大学の最新研究成果として、

鳥の翼の形状と動きにインスピレーションを受けた新しいタイプのドローンが開発されました。

このドローンは、

形状モーフィング翼と翼型人工羽毛を組み合わせており、

それによって異なる飛行条件下での適応能力が大幅に向上しています。

このドローンはテイルシッター型であり、

その設計はハトの翼の骨格構造を基にしています。

翼は片側に一つのモーターを持つ完全な腱駆動式で、

伸縮可能な特性を持っています。

 

翼のこのユニークな機能は、

ドローンが風洞試験中に示した高迎角飛行時の大きなたわみを支えることができ、

また伸展時には収縮率が49%に達します。これにより、

ホバリング時の抗力を最大42%削減し、

風擾乱の影響を軽減することが可能です。

さらに、

実験で示されたように、

モーフィング中の平均消費電力はわずか5.1Wと非常に低く、

エネルギー効率の良い設計であることが明らかになりました。

 

屋外での飛行テストを通じて、

このドローンの堅牢性も実証されており、

バイオインスパイアされたこのテクノロジーは、

様々な環境下での実用性が期待されています。

オークランド大学のこの研究は、

ドローン技術における新たな地平を開くものであり、

将来の研究においても多くの可能性を秘めています。

 

この技術革新は、

ドローンの応用範囲を拡大し、

さまざまな業界での使用が見込まれており、

特に探査、監視、救助任務など、

特定の技術的要求がある領域での貢献が期待されています。

オークランド大学の研究チームは、

このドローンが将来の航空設計のモデルとなることを目指しており、

今後の開発と応用の可能性に注目が集まっています。

 

参考記事

https://www.drone.jp/news/2024042914203987156.html

画像(https://www.drone.jp)

https://www.drone.jp/news/2024042914203987156.html