長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

なでしこジャパン、パリ五輪予選で圧巻のドローンショー展開:国立競技場が光のアートで彩られる”

2024年2月28日、

女子サッカー日本代表、

通称なでしこジャパンがパリ五輪アジア最終予選の舞台に立ち、

国立競技場の夜空を壮大なドローンショーで彩りました。

FIFAランク8位の日本は、

9位の北朝鮮との重要な対戦前に、

技術とアートが融合した前代未聞の演出を披露し、

観客を魅了しました。

 

この特別な夜、

300機のドローンが使用され、

東京タワーから始まり、

パリの象徴であるエッフェル塔へと色彩豊かに変化する様子は、

まさに目を見張るものがありました。

さらに、

ピンク色で「NADESHIKO JAPAN」の文字が空に映し出され、

日本代表エンブレムのシルエットでフィナーレを飾り、

パリ五輪への強い意志と希望を表現しました。

 

このドローンショーは、

スポーツイベントにおけるテクノロジーの活用という新たなトレンドを象徴しており、

サッカーファンだけでなく、

テクノロジー愛好家からも大きな注目を集めています。

なでしこジャパンのパリ五輪予選戦だけでなく、

ドローンを用いたエンターテイメントの可能性を広げる一大イベントとして、

その詳細は多くの人々に共有されています。

 

参考記事

https://hochi.news/articles/20240228-OHT1T51203.html?page=1