長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

「旭川市の市川農場:ドローンを活用した種もみ直播で農業革新」

 

旭川市西神楽の市川農場では、

伝統的な田植え作業をドローンを使用した種もみの「じかまき」に置き換えることで、

農業の省力化を進めています。

 

この技術は、

苗を育てるための農業用ハウスが不要となり、

初期投資と労働力を削減します。

農場代表の市川範之さんは、

ドローンを使ったこの方法で、

風の影響を考慮しながら精密に種をまくことが可能です。

今年は、

国内外からの需要増加を受け、

昨年より120キロ多い600キロの米収穫を目指しています。

市川さんは、

ドローン技術による直播きを通じて、

さらに収量を増やし、

品質の高い米を提供することに注力しており、

雑草対策などの栽培技術も工夫しています。

この取り組みは、

効率化だけでなく、

持続可能な農業実践への貢献も目指しています。

 

参考記事

https://www3.nhk.or.jp/lnews/sapporo/20240510/7000066866.html