長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

「ドローンの飛行時間問題を解決?”吸血鬼ドローン”の登場とその可能性」

 

 

ドローン技術の進化は目覚ましいものがありますが、

飛行時間の短さという課題が依然として存在します。

この問題を解決するために注目されているのが、

「吸血鬼ドローン」という新技術です。

この技術は、

送電線から直接電力を取得し、

ドローンのバッテリーを充電することで、

飛行時間を延ばすことが可能です。

南デンマーク大学の研究チームによって開発されたこのシステムは、

自動で送電線を掴んで充電する機能を持っています。

技術的には有望ですが、

安全性の確保や法的な課題が解決される必要があります。

この革新的なアプローチがドローン業界にどのような影響を与えるか、

多くの関心が集まっています。

実用化に向けたさらなる研究と規制の整備が期待されています。

 

参考記事

https://www.drone.jp/column/2024051315380687704.html