長野県松本市の短期集中型ドローンスクール

「ドローンによる監視とプライバシー侵害:米憲法違反の可能性を探る」

 

近年、ドローン技術の進化に伴い、

プライバシー侵害の懸念が高まっています。

特に、米国ミシガン湖畔でのトッド・マクソンさんのケースは、

ドローンによる監視がアメリカ合衆国憲法修正第4条に違反する可能性があるかどうかという、

重要な法的議論を提起しています。

この条項は、

不合理な捜索および押収から個人を保護することを目的としています。

 

マクソンさんは、

自宅上空を飛ぶドローンによって自身のプライバシーが侵害されたと主張し、

この行為が無令状での不当な捜索に当たると訴えています。

この訴訟は、

ミシガン州最高裁判所で審議されており、

その判決は全米に影響を及ぼす可能性があります。

 

本件は、

ドローンによる監視の法的枠組みとプライバシー権のバランスに関する重要な議論を象徴しています。

電子フロンティア財団のハナー・ツァオ弁護士は、

現代のドローンによる監視技術が従来の空撮監視と大きく異なり、

より隠密で広範囲にわたるプライバシー侵害の可能性を秘めていると指摘しています。

 

このケースは、

ドローン技術の普及と法律の更新の必要性に光を当てており、

将来のプライバシー保護に向けた法制度の改善についての議論を促しています。

ミシガン州の判決は、

ドローンによる監視をどのように扱うかに関する全米規模での方向性を示すものとなるでしょう。

 

参考記事

https://jp.reuters.com/world/us/24MQ4WH26VOCFNP4EVMZ3673VU-2024-02-16/